私たち、昭栄建設の造る家とは。

私たちがつくる注文住宅は、単に自然素材を使っていればいい、デザインが格好良ければいいというものではありません。自然素材を使うことも、高性能住宅であることも、前提にあるのは施主さんのご要望や「こうしたい!」という想いを叶えることです。その上で、それらをベストマッチングさせるには、設計者の経験とセンスが不可欠です。

家はそこに住むひとの人生の基盤をかたちづくるものであり、また生涯最大といってもいい大きな買い物です。すまい に求められるものは施主様ひとりひとり、お住まいになる家族ひとつひとつで違っていて当然のものであり、そこに最大公約数はないものと考えます。住むひと のことを中心に考えた場合、規格品に手を加えるだけで数日のうちに基本プラン作成が完了してしまうプロセスは、施主様の住まいをつくりあげるに当たって本 当に適切と言えるでしょうか。わたくしたち昭栄建設契約の建築設計は業務効率を優先して受注棟数を増やし、積み上げた実績の数のみを誇張するような方針を取っておりません。家づくりの主役である施主様ひとりひとりのご意見を十分に汲み上げて反映させ、1棟1棟丁寧に時間をかけて作り上げていく、そんな設計でありたいと考えています。施主様とご一緒にこのプロセスを歩むことが、施主様の望まれている、安心できる幸せな暮らしとわくわくするような楽しい住まいづくりへの近道だと確信して います。プロとして技術と知識を提供し、施主様の望む住宅をともにつくり上げていくことこそが、わたくしたち工務店としての喜びです。

木へのこだわり

人間と同じうに木の性格は一本一本違います。素材の持つ魅力を十分発揮できるように適材適所に配置し、価値を高めます。また木材の多くは自社倉庫または、各大工の取引先で厳重に管理され、加工場、きざみ場を備え、大量生産でない、こだわりのものづくりに取り組んでいます。

設計へのこだわり

洋風・和風という名にとらわれていませんか?流行りのデザインに流されていませんか?いくら素晴らしいデザインでも周囲から浮いているようでは地域の美観を損なっています。外観の70%は地域のもの。飽きのこない日本の風土にあったデザインを提案致します。もちろん間取りや内装は施主様の独自のデザインを一級建築士と綿密な打ち合わせをしてつくりあげますそれは時代に流されない可変性のある間取り、つまりは「家族が幸せになる間取り」をつくりあげていこうではありませんか。

品質へのこだわり

「昭栄建設の家って結構高いでしょう?」
って、よく言われます。しかし実際には同じレベルの家でもハウスメーカーで建てた建物より、かなり安く上がる事でしょうしかも実際に建っている当社の家、10年以上経過した家と比べていただければ、そのイメージはまったく無くなるはずです。世間には速く建てることが求められパッと見の出来映えが良い家が多く出回っています。それでもいいかもしれませんが、私たちがつくるものは10年後、20年後、30年後と完成した時と同じ位の輝きを放つ価値ある住まい造りに取り組んでいます。

PAGE TOP